大柴拓磨のブログ

Takk Official Blog

2015年06月


明日はこの公演です♪

不思議な博物館のお話。

僕は博物館に訪れる、お客さんの役です。

楽しみ楽しみ♪

Takk 


「Present」公演のお問い合わせで、「小さなお客様はご入場出来るか?」というご質問を頂戴しましたので、お答えさせて頂きます〜。

本公演は、3才の方から学生価格(前売り2500円)で、ご観劇頂けます!

チラシやホムペに掲載されてなく、混乱を招いてしまいました。大変申し訳ありませんでした。

本公演の会場は、大丸北館の中なので、公演前後におもちゃ屋さんとか洋服屋さんとか、ご飯食べるとこもいっぱいあります。

ご家族連れの方々も、是非遊び感覚で観に来て下さいね♪


Takk 


Takkです。

最近、舞台リハ続きでアドレナリンどばどば出ております。 

踊れる機会を頂けること、本当に感謝しております。

踊ることによって、心身ともに健康な状態に保つことが出来ているんだなあと、思い知る日々です。

根暗な僕は、暇だとロクなことを考えません。

なので、お仕事を頂けること、本当に有難いことです。

昨日は、ほとんど一日中踊っていられるという、とても幸せで有意義な1日でありました。

朝、久々の代講でP'spot14さんでバレエストレッチクラスを生徒さんと一緒に動き、そのまま心斎橋までクラスを受けに行き、スタジオ移動して神戸でリハをしてから会館移動して照明合わせで踊れるという、正にダンサー冥利に尽きる1日。

体を動かすことによって余計な思考を発散したからか、帰宅してから朝方まで、いつもよりもしっかりとPresentの構成と向き合うことが出来ました。

こういう時の方がオフの日よりも着想がまとまったり、具体的なビジョンが見えたりと、サクサク進んだりします。幸せっす。

あと、最近、色んな人から「痩せた?」と言って貰います。

実際に体重も減っていて、単純に運動量が増えていることもあると思いますが、創作活動に入ると、食べても食べても痩せていくという奇妙な現象が起こります。 

肉体や脳とはまた違った部位を動かしているような、おかしな感覚です。

無意識が作品創りに向かって、ずっと動き続けている。そんなイメージがしっくりきます。

当たり前だけれど、やっぱりずっと気になってる。

忘れているようで、その水面下ではもの凄く気になっている。

ものを作るって、そんなもんですよね。


Takk


どうもー。最近、適当に思ったことをそのままブログにぶちまけている大柴です。

引いてる人とかいたらすいません。

これも僕です。

自己愛と欲望の塊です。


「まあ、いいじゃん 人間だもの たくま」


近年稀に見る適当さのアクセルをガンガン踏み込んでるワタクシですが、実は意図があってやってるところもありまして。

舞台ってやっぱり演者や作者の人間性が出るじゃないですか。

で、自分で言うのも何ですが、僕って変なところで真面目じゃないですか。うん。変なところで真面目なんです。

そして理屈っぽいじゃないですか。

面倒臭がりの癖に理詰めでもの考えてみたりするじゃないですか。

でも、最近気が付いたんです。


実は、8割は怠けたいから理屈っぽいだけだったんだなと。


本当に真面目だったら、理屈で考える前に動いているのですよ。


ってことは、僕は、怠けたいのに自分は真面目だと思っていたいから、理屈でものを考えて、無駄に頭を疲労させて、真面目風に怠けるつもりが、怠け切れず、真面目にもなり切れず、ただ無駄に自爆し続けていたということになります。


そして、この文章が既に理屈っぽい。


馬鹿かと。

アホかと。


それで、舞台って、人間性が出るじゃないですか。


「Present」は一人舞台じゃないですか。

「真面目でありたい怠け者の一人舞台」て。


下らんわ。死んでしまえっ。


って、思いました。


なので、そんなメンタル弱すぎな自分を少しでも鍛える為に、とりあえずブログあたりからとっ散らかしていこう。やらかしていこうよ!


こう思うに至ったのです。


中途半端に真面目ぶるのは辞めて、素の自分をさらけ出した上で、恥じていこうと。


心の贅肉を搾り取って、ボタボタ落としてったろうと。


そういった理由で、昨日、振付で悶え苦しんでいる自分をリアルタイム更新したのですが、


そんな、絶賛製作期間中な作品のチケットが、売れているのです。


マジかと。


これこそ究極の「有り難い」つーか、「有り得ない」ことです。


普通、まだ完成していない商品を買いますか。

開発中のシャンプーを予約しますか。

作ってる最中のお惣菜を買い・・・ます。そういう時もあるわ。


でも、舞台の初演もののチケットを予約するって、そういうことなんですよね。

なので、作る側は、信頼に報いていかなきゃいけないのです。


自分に賭けて頂いた重みと責任を感じて、

お客さんに賭けに勝って頂く為に、

懸命に作らなきゃいけない。


プレッシャーに押し潰されるのではなく、

信頼をエネルギーにして、頑張って作品を作らなきゃいけない。


わわわ。自分で書いてて超怖くなってきました。やっぱりメンタル弱い。


で、昨日も内心ウジウジしていたのです。

そしたら、OCEANの生徒さんがチケットを問い合わせて下さった上に、


「拓磨先生のやりたいことをやって下さい」


って。


・・・有難過ぎですよ。

「◯◯さん、本当は神様なんですか?」って聞きそうになりました。


や。実は最近、いろんな場面でこの有難い神のお言葉を頂戴するのです。


「大柴がやりたいことをやる。観に行くよ」


的な。


なにそれ。

やっぱり神様?


号泣ものです。

俺がプレゼント貰っちゃってます。


なんだかもう、


「感謝」


これしか出てきません。


ご恩に報いる為にも、明日も「今の僕に出来る最上のプレゼントを贈るぞ」という思いで作品と向き合ってきます。


それが、今、僕のやりたいことです。


Takk


さっきまで、Presentの振付を進める為に、スタジオに入ってました。

まあー、笑っちゃうぐらいアイデア出てこねー、出てこねー、出てこねー、出てよ!



出るって言いなよ。


大柴、振付やるってよ。



無駄に関係無い曲聴き始めたり、普段やらないストレッチしてみたり。。。これでスタジオの掃除でも始めようなものなら、完全に学生時代のテスト前です。


やべー、何やってんだ俺は!(顔面蒼白)


ネガティブな弱音満載なブログを更新してる暇があったら、曲を聴けと。1拍だけでも振りを確定しろよと。


逃げちゃ駄目だ。逃げちゃ駄目だ。


嗚呼、嗚呼、嗚呼うーっ。


ぬわぁぁぁーっ(爆苦)


これが、今、正に、産みの苦しみを味わっている、フリツケ目フリツケ科、オスのオオシバの生態です。貴重な産卵シーンです。見てください、頭を掻きむしっています。これは苦しそうですねぇ。そうですねぇ。涙を流していますよ。赤い涙ですね。血でしょうか。


絶賛陣痛中です。

難産です。痛くなっても良いから促進剤下さい。


…そんな、リアルタイムで公演を作るドキュメンタリーブログ、8月まで更新していきます。


とりあえず今は、落ち目の球団を応援するような気持ちで温かく見守って頂けると幸いです。

死に物狂いで頑張ります。


そうだ、そうだ、この感じだ。

ちょっと狂うぐらい追い込まないと駄目なのだった。


よっしゃ、やったる。


うりゃーっ。


つるりんっ、オギャア!

おめでとうございます!元気な男の子です!

やったあ!


って、上手く行けば良いのだがなぁ。


Takk

↑このページのトップヘ